<   2004年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恋焦がれる女

今日は、男の波乗りにめずらしく同行した。

場所は辻堂海岸。

本来なら早朝から始めるのがいいらしいが、私をいたわって(?)9時過ぎに自宅を出発。途中のコンビニで「遠足じゃないんだから」とつっこまれるほどお菓子やビール、おにぎりにサンドイッチetcを購入して車に乗り込む。付き合いはじめた頃、「ボロボロ車でごめんね・・・」とワンコのようなうるうる瞳をして謝ってきた男。私は同年代の女性と比べればかなり車には興味はなく「そんなの気にしなくていいよー」と笑ってたっけ。移動に車やバイクを使わざるおえないサーファーたちは、心ない人間たちの車上荒らしの的になりやすいらしい。だから一般的に高級車といえる車種にまで手が伸びないのだそうだ。「でも俺も(高級車に)興味ないんだけどね~」と日焼けした肌からのぞく真っ白い歯が笑ってみせてくれた。

さすが常連。一般人が渋滞にはまってる中をささっと抜け出し路地裏から眺めるは海、海、海(あたりまえ笑)。

「着いた、着いた」と今思い出しても恥ずかしい子供のようなハシャギっぷり。口元を抑えて笑いをこらえてる。笑うんだったら笑えよ(逆ギレ)。

車から降りて防波堤にひょいっとよじ登り、波を確認。ブツブツひとり言。私はこの男の、この顔に惚れたんだ。思い出したよ(爆)。「パドリングくらいかなぁ・・・」あまり波がよろしくないようだ。とりあえず私も車の陰で男にガードされながらこそこそ水着に着替える。

ここ数年は日焼け恐怖症で海に入っていなかったので、嬉しすぎて砂浜から一直線で走り出した。

「オイ!」めずらしい男の形相。

腕をつかまれ抱き寄せられる(こんなとこで?どうしたの?夜まで我慢してね的なことを目で訴える爆)。

「準備体操しなくちゃ」

そういうことだったのね・・・。ますますバカさ加減を露呈してしまった。

「俺、お前に何かあったら死ぬよ?」

こんなこと普段言われたら確実に引くだろう。

でも、きちゃったよ。

ヤバイ、惚れ直した。

いや、

好き(今さら?)。
[PR]
by room1224 | 2004-08-04 20:58

幸せでいてほしい




みんなに必要とされる君を癒せるたった一人に
なりたくて少し我慢しすぎたな
                          


誰かの願いが叶うころ (映画『CASSHERN』テーマソング)
宇多田ヒカル / 東芝EMI
[PR]
by room1224 | 2004-08-04 01:26

やっと会えたね(どこかで聞いたことがあるような・・・)

探し求めていた物に出逢えた瞬間。人間というのは人目もはばからず小躍りする。そして泣くのだ。

私はとてつもない敏感肌で、しかも乾燥、脂性の敏感&混合肌である。

どんなに巷をにぎわすスキンケアであったとしても100発100中外れる。

いつの間にか某○武百貨店の化粧品コーナーの常連となり、新商品が出ればいち早く出向き「今回もダメですか・・・」とキレイなお姉さんに言われトホホな気持ちで帰るのが常だった。

最近では皮膚科にお世話になり、それでも化粧水をつければヒリヒリ、乳液は浮きまくりで浸透なんかしやしない。

もう、ダメか・・・とほとんど諦めかけていた。

それが、遠征でテレビをほとんど見ない男がつぶやいた言葉がきっかけとなる。

「彼女キレイなんだねぇ」

「だれ?」

「和田くんとぶちゅーってしてた子」

「・・・はぁん?」

眉間にシワを寄せながら男が指差さすBEAUTY VOLTAGEのCM画面へ。

小西真奈美と匹敵するぐらいの美しさに思えた。ほんとうの美しさを兼備える女性はスキンケアをしっかりした分、ファンデなんて微量でほとんど必要ナシなのだろうとひしと実感。

今日まで知らなかった、こんなスキンケア商品があるなんて。

「行く・・・」

「どこに?」

「仲間由紀恵に会いに行くの(かなり間違ってる・・・)」

この蒸し暑さの外出に、嫌がる男をベッドから蹴落とし車を発進させた。
[PR]
by room1224 | 2004-08-03 17:45

予感

今さらながら告白。

私には3人の男がいる。

青山の路上で知り合った銀行マン。

ヨーガインストラクターで松本潤似の年下くん。

半同棲中で環境にやさしいプロサーファー男。

もちろんデートはするし、気持ちのよいセックスだってする。それも、どの男にも「あなた以外にもいるということを承知していて」と伝え了承の上だ。

私はそもそも「好きになりました。付き合っていただけますか?」的な告白をするのが苦手だ。

態度で表現をしてキャッチできる男が運命の相手だと位置付けている。「ん?」な顔をされると「違うんだ」とあきらめの道へ一直線だったり、それでも想い続けたり。

「いないよ」と言われれば都合よく一瞬胸をなでおろすが、どの男たちにも彼女がいるかもしれない。

それでもかまわない。

私はいつも別れの予感と隣り合わせに生活しているのかもしれない。
[PR]
by room1224 | 2004-08-03 09:58

じぶんのものさし

この最後の挨拶を記してから、たった1日しか経っていないことに少し恥ずかしさも覚えます。

でも、このブログは私のものです。

誰にもとやかく言われる筋合いはありません。

そりゃ「読んでいて不愉快だ」と思われたり「こんなことありえねぇ」と感じたりすることもあるでしょう。

それでもかまいません。

これからもゆったりと歩み、じぶんのものさしで書いていきます。

コメント&足跡を残してをくださった方々、振り回してしまいすみませんでした。

そして、どうもありがとう。

追記:コメントレス、少々お待ちください。温かい皆さんの励ましや愛情いっぱいの男の看護のおかげでなんか頑張ります。







 
[PR]
by room1224 | 2004-08-02 15:48

孫悟空?(意味不明)


オラ、負けない!
[PR]
by room1224 | 2004-08-02 10:14